眼瞼下垂の治し方:重いマブタを解消するクリニックの治療

MENU

  • 症状について

    眼瞼下垂とは、文字どおり眼球の上にある瞼(マブタ)が下に垂れているという状態を意味しますが、具体的には、マブタを構成する筋肉の問題であることがわかっています。そのメカニズムについて説明します。

  • 埋没式挙筋短縮法

    眼瞼下垂の治し方として、今、多くのクリニックで行われている注目の治療法がこちら。何やらいかめしい名前をしていますが、従来の治療法より負担の軽い治療法として知られているものです。

  • 保険の適用

    眼瞼下垂は、形成外科、眼科、そして美容外科で治療することが出来るものですが、その程度によって保険が適用できるか、それとも「自由診療」という方法を使うか、変わってくるものです。

重いマブタ

眼瞼の下垂

上のマブタが垂れ下がっている。このことを、医学的な用語を交えて言い直すと、「眼瞼が下垂している」という感じになります。
一気に、何やら難しそうな感じになりましたね。ただ、文字を見ればそれほど難しくはないはずです。
眼瞼下垂とは目の機能に関する問題であり、それはマブタが下垂している(垂れ下がっている)からである、ということなのです。

「パッチリした目」は美男美女の条件のひとつとされていて、目もとが涼やかで美しいことは、その人の心が澄んでいることさえ証明してくれます。
目は表情豊かな器官で、目と目がしっかりと合うことで、対面している人とのコミュニケーションが上手くいくということがあるわけです。
だから、目はぜひともパッチリさせておきたいわけですが、眼瞼下垂がそれを妨げます。マブタが下がり、目が上から隠れて見えづらくなってしまうからです。

クリニックで治療

詳しくは「症状について」というところで説明することになるでしょうが、眼瞼下垂は単に目の問題だけでなく、首や肩にも影響を及ぼし、重症ともなるとマブタのせいで視界が狭くなり、事故などを起こす危険性もあるというもの。
単に「目つきが悪くなっちゃうから治したい」という場合もあれば、「このままではまともに生活できなくなってしまうから治したい」という2つのパターンがあるのです。

しかし、安心してください。クリニックで治療することで、パッチリした目に憧れている人も、視界が狭くなりがちだという人も、その状態を改善することが出来るからです。
眼瞼下垂を治療するための、手術をはじめとした治療法が、今では確立されているのです。